RTでまったりツーリング! _ノ乙(、冫、)_

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

できるかな?

前回の写真  ですが、

20100622-001.jpg

『 DOKEN 』 さんが販売していた

『 ハードシェル システムタンクバッグ 』 です。

私が手にいれたのは、 この写真の赤く囲ったやつで

『 電源なし マグネット ベースセット 』 です。 定価は 15750円。 

20100622-001-2.jpg

高いじゃないか~

・・・と普通は思うはずですが、中には安い!って人もいるでしょう。^^;;;

ま、私は前者の方でして、興味はあったのだけど手が出せませんでしたが

見つけました 安いところを 

てか、もうDOKENさんでは販売終了してるらしく、どこも売ってなかったのですが

ここ  で見つけました。 しかもほぼ半額でwwwwwwwwww

 『 楽天市場 アウトレットコンビニ 』 さん

(ちなみに、サイズはS~Lまで揃っていますが、数は少なくなっているようです。

 興味のある方は一度みてください。)



では、箱を開けて中身を確認していきます。

20100622-002.jpg

これでは大きさが分かりにくいので・・・

20100622-003.jpg

煙草を置いてみました。

20100622-004.jpg

私の感覚では、ちっちゃいな~って感じです。

20100622-005.jpg

蓋を開けてみました。

20100622-006.jpg

20100622-007.jpg

このタンクバッグの売りは、『 防水 』 ってことです。

 この矢印のところで、しっかりと水の浸入を防いでくれるようです。

20100622-008.jpg

ちなみに、今回は付属のマグネット  は使用しません。

20100622-009.jpg

さて、今回この 『 ハードシェル システムタンクバッグ 』 を使用して

何をするのかというと、以前に入手していた部品を組み合わせて

自作 タンクバッグを作るってことです。

入手していた部品は  これです。

20100622-010.jpg

SW-MOTECHの

 タンクバッグ アップグレード用 エレクトリカル トップリング

 パワーソケット BMW 6スクリュータイプ用(12V)


この2つは  このように使います。

20100622-011.jpg

 合体するんです。

20100622-012.jpg

 本当は、メーカーさんから専用のタンクバッグが販売されており、

バッグの種類も豊富でオプションのマップケース・マップライト・GPS用ケース等もあり

それでも良かったのですが、一つ気になることがありました。

“ 防水 ” ではありません。

sw.jpg

さて、今回の趣旨ですが、

① 防水のタンクバッグにしたい。

② ナビ等の連携も考えたい。(特に電源供給)

③ 「 タンクバッグ アップグレード用 エレクトリカル トップリング」 と

  「 パワーソケット BMW 6スクリュータイプ用(12V) 」 を使用して

  今後国内メーカーさんから興味のあるタンクバッグが発売されても

  それと組み合わせることが可能ってことを試してみたい。

・・・・と、大それたことを書いてしまいましたが

することは至極簡単な作業です。ただ、ここで問題が・・・

私 すごい飽き性なんですよ。^^; きちんと完成するかは微妙ですw



さて、作業ですが、アルミの板を適当な大きさにカットします。  

このカットが一番しんどかったです^^;

20100622-013.jpg

台紙がついてますので、それに合わせて穴の位置をマークします。

20100622-014.jpg

 穴をあけました。

20100622-015.jpg

 次にタンクバッグの底にも台紙を合わせて穴の位置をマークし

ドリルで穴をあけました。

20100622-016.jpg

 給油口に 『 パワーソケット BMW 6スクリュータイプ用 』 をとりつけます。

20100622-017.jpg

 電源用のコードが露出しますが、私は気になりませんね~w

だけど、今度バイク屋さんに行ったら、何かいい方法がないか一度相談してみようと思います。^^

20100622-018.jpg

 『 タンクバッグ』 と 『 アルミ板2枚 』 と

『 タンクバッグ アップグレード用 エレクトリカル トップリング 』 

を組み合わせていきますが、アルミ板の銀色がきついので、カッティングシート

を貼りつけてみました。

あと、電源用のコードも穴から中に通しておきます。

20100622-019.jpg

 タンクバッグの底はこんな感じに仕上がりました。

20100622-020.jpg

 では、一度装着してみます。

20100622-021.jpg

ハンドルを切っても干渉はしません。

20100622-022.jpg

個人的には、結構満足です^^

20100622-023.jpg

 ナビケースのアームはRAMマウントを使用しており

アルミ板にマウントのベースを取り付けました。

20100622-024.jpg

 この角度でアームを装着すると、メーターや警告灯にも

まったく干渉しません。

20100622-025.jpg

 このナビのケースですが、弁当箱ではありませんw

『 防水パック RAM AQUA BOX (W)』 です。

20100622-026.jpg

 ケース自体は防水で、ナビの画面に接するところは

厚手のビニール? で、ナビのタッチ操作も可能です。

20100622-027.jpg

 一番気になっていたことなんですが、ケースに入れることで

衛星を拾わなかったらどうしよう・・・ってことですが

自宅2階の窓際で、衛星を6個捕捉しております。

屋外なら十分ってことですね~^^

20100622-028.jpg



ま、こんな感じで出来ましたが、なにぶん素人なもので

できとしては十分じゃないかな?と思いますw 


これで、急に雨が降ってもタンクバッグにカバーを被せなくていいし

雨でも安心してナビが使用できて

タンクバッグの脱着が簡単になって

給油の時もすごく楽ちんになりそうです。


近々天気がいい日に早速使ってみようと思います。


【 参考 】

・ 『 防水パック RAM AQUA BOX (W)』 

・ 『 RAMマウント 』

 ⇒ 『 PDA工房 』さん

・ SW-MOTECH 『 タンクバッグ アップグレード用 エレクトリカル トップリング 』

・ SW-MOTECH 『 パワーソケット BMW 6スクリュータイプ用(12V) 』

 ⇒ 『 ユーロダイレクト 』 さん




 ↑↑↑↑↑↑
ポチっと押してやってください m(__)m




スポンサーサイト
別窓 | 自作タンクバッグ | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨
| RTでまったりツーリング! _ノ乙(、冫、)_ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。